どうして常連客は優遇されない!?

常連客になるメリットというのは大きい。

ホテルはお得意さんのデーターベースがきちんとなっていて、空いていれば無料で部屋のグレードアップしてくれたり、景色の良いお部屋に移動してくれたり、部屋に入ったら気の利いたお花や飲み物が置いてあったりする。キャンセル料が発生するであろう時でも、特別におまけしてくれたりもするらしい。

飛行機も年間に決まった回数を乗ると、ラウンジが使えたり優先搭乗させてくれたり、お飲み物を聞かれる時も「◯◯さま、ご登場ありがとうございます、お飲み物は如何ですか?」と名前で読んでくれる、悪い気はしないものだ。

なのに、なのにだ!殆んどの美容室では、クーポンなど持参で新規客は2割3割、時には半額ってクーポンを配って、常連のお客さんは「定価」ってとこが目につく。

常連になれば、髪質や好みを分かってくれるからオーダーが楽って事もあるが、それは美容師側も新規のお客さんよりも常連客のほうがデーターが集積されているので施術も楽なものだ。

クーポン持参のお客さんは、スタイリストに成り立ての経験の浅い技術者が当たる場合が多い。上手な人は指名客も多いから、クーポンの3割引きのお客さんをやっている暇がないので、まぁ自然の流れであろう。
しかし新規のお客さんにしてみれば、イマイチな技術を提供されるので満足度が低く、リピートはしないだろう。

「クーポンのお客さんは安いサロンに流れるから固定にならない」という勝手な美容室側のイメージがある。だから新技術者が入ればイイ、どうせリピートならないで1回きりのクーポン客だし…みたいな気持ちがあるように思える。

だから、尚更お客さんにしてみれば、「その技術じゃリピートならんだろう」って思うに違いない。

自分も実際にクーポンを持って、色々なところでお客さんとして髪を切りに行くからよく分かる(スパイとかじゃない(笑))自分のアシスタントがこのシャンプーやブローのレベルなら、お客さんには触らせないだろうなって毎度思うし、カットの技術者もまた然り。

札幌のお店では、新規のお客様はお断りをしていたのだけど、2015年4月からは新規のお客様もWelcomeにしました。しかし、割引はしないで定価のままです。スミマセン(汗;

常連のお客様に関しては、VIP料金として1000円〜2000円の割引をさせて頂きます。もしくは常連のお客様のご紹介も同じく割引対象です!

では、常連の定義は?ってことですが(笑)
「半年以内に3回のご利用で4回目からVIP料金とさせて頂きます。」

長く付き合ってくれる方には、もっと良くしてあげたいって思います♪

だからって初めての人に冷たくするって意味じゃありません(笑)

お客さんは全て同じように接客します。ただ沢山来て頂いた方には感謝の気持ちを込めて少々サービスさせて頂きますm(__)m

僕は、そんな美容師ですm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください